河口湖周辺のおすすめキャンプ場特集!コテージや安いオートキャンプなど!

この記事では、河口湖の周辺にあるキャンプ場を紹介しています。富士の絶景が見られる河口湖には、コテージつきのキャンプ場やオートキャンプなどが充実しています。今回は、河口湖周辺の特におすすめなキャンプ場を紹介しますので、ぜひ読んでみてください。

河口湖周辺のおすすめキャンプ場特集!コテージや安いオートキャンプなど!のイメージ

目次

  1. 1河口湖周辺のおすすめキャンプ場をピックアップ!
  2. 2河口湖周辺には魅力的なキャンプ場がたくさんある!
  3. 3河口湖周辺でキャンプをする魅力
  4. 4河口湖周辺の大人気定番キャンプ場4選
  5. 5河口湖周辺のコテージ付きキャンプ場4選
  6. 6河口湖周辺の安いおすすめオートキャンプ場4選
  7. 7河口湖のキャンプ場で富士の自然を満喫しよう!

河口湖周辺のおすすめキャンプ場をピックアップ!

この記事では、河口湖の周辺にあるキャンプ場をまとめています。富士五湖の1つである河口湖は、富士の絶景が見られるため、キャンプ場も充実しています。そこで今回は、河口湖の周辺にあるおすすめキャンプ場を厳選して紹介します。コテージつき、利用料金が安い、オートキャンプ場など、それぞれに特徴がありますので、ぜひご覧ください。

河口湖周辺には魅力的なキャンプ場がたくさんある!

河口湖はキャンプスポットとして人気があります。富士五湖のなかで北側に位置している河口湖では、富士山をきれいに見られるからです。

富士の絶景が見られるということもあり、河口湖の周辺にはキャンプ場がいくつもありました。キャンプ場が充実していますので、富士山を眺められるステキなキャンプができます。

キャンプ場が充実しているのは嬉しいです。しかし、充実しすぎていると、どのキャンプ場に行こうか迷ってしまいます。本記事は、そんな河口湖周辺のキャンプ場えらびで悩んでいる方に向けて、おすすめのキャンプ場を紹介します。

河口湖周辺のキャンプ場を特徴べつに紹介していますので、あなたの好みに合ったキャンプ場が見つかりやすいはずです。

河口湖周辺でキャンプをする魅力

河口湖の周辺にあるおすすめキャンプ場を紹介する前に、まずは河口湖でキャンプをすることの魅力をお話しします。

キャンプの楽しみといえば、やはり日常生活から離れた自然環境で過ごすことです。川や湖、森のなかでテントを張って静かな時間を過ごす。これがキャンプの楽しみというものでしょう。もちろん、複数人で訪れて、盛り上がるのもキャンプの楽しみ方です。

静かな自然環境で過ごすという点でいえば、河口湖の周辺のキャンプ場は、まさにベストスポットと言えるのではないでしょうか。きれいな河口湖と富士山を眺めながら過ごせる河口湖。湖まわりの風景もステキです。

キャンプ場から富士山が見える

河口湖の周辺にあるキャンプ場の最大の魅力、それはなんといっても「キャンプ場から富士山が見えること」です。

河口湖周辺のキャンプ場からは、富士山を間近で見ることができます。この富士山を目当てで、河口湖の周辺にあるキャンプ場を利用しようという方は多いのです。

また、河口湖周辺のキャンプ場では、河口湖ならではの絶景が見られます。その絶景とは、湖の水面に反射した「逆さ富士」です。

河口湖の水面がかがみの役割を果たして、富士山が逆さにうつる逆さ富士。これも、河口湖周辺のキャンプ場が人気とされる理由の1つです。

四季折々の風景が美しい

河口湖は自然豊かなスポットです。そのため、河口湖の周辺のキャンプ場を利用すると、四季折々のすばらしい風景を見ることができます。

河口湖周辺のキャンプ場では、季節ごとにちがった風景が広がっています。なので、一年に4回おとずれても十分楽しめるキャンプ場となっております。

もちろん風景の一部である河口湖と富士山も、季節ごとに表情を変化させます。季節ごとに楽しめるキャンプ場、それが河口湖周辺のキャンプ場というわけです。

河口湖周辺の大人気定番キャンプ場4選

それでは、河口湖の周辺にあるおすすめのキャンプ場を紹介していきます。こちらで紹介しますのは、河口湖周辺の定番のキャンプ場です。

定番のキャンプ場ですので、「河口湖の周辺でキャンプをするならここ」というキャンプ場なわけです。キャンプ場で悩んでいる方は、本項目で紹介するキャンプ場を利用すれば、まず失敗することはありません。

こちらで紹介する河口湖周辺の定番キャンプ場は、合計で4ヶ所あります。「ニューブリッヂキャンプ場、Retreat・camp・まほろば、富士満願ビレッジファミリーキャンプ場、PICA富士西湖」というキャンプ場です。

どのキャンプ場もとてもおすすめですので、ぜひ4ヶ所すべてのキャンプ場をチェックしてみてください。では、1ヶ所目のキャンプ場の詳細からどうぞ。

河口湖が目の前に広がる『ニューブリッヂキャンプ場』

河口湖の周辺にあるおすすめキャンプ場、1ヶ所目は「ニューブリッヂキャンプ場」です。ニューブリッヂキャンプ場は、河口湖の目の前にあるキャンプ場です。

ここニューブリッヂキャンプ場の特徴は、フリーテントサイト、オートキャンプ、バンガローの3種類でキャンプが楽しめることです。バンガローだけでも23軒ありますので、テントなどを持ってこずともキャンプができます。

また、ニューブリッヂキャンプ場にはバーベキューコーナーもありますので、キャンプの醍醐味の1つであるバーベキューで盛り上がれます。

ニューブリッヂキャンプ場の料金設定ですが、使用料は1人850円、そしてテントのスペース代は1人500円、2~4人までだと1000円となっていました。この料金は、周辺のキャンプ場のなかでは、なかなかに安い部類にはいります。

富士山・河口湖・河口湖大橋を一望する絶景『Retreat camp まほろば』

河口湖の周辺にあるおすすめキャンプ場、2ヶ所目は「Retreat・camp・まほろば」です。Retreat・camp・まほろばは、いろんな宿泊形態を整えているキャンプ場です。

Retreat・camp・まほろばでは、通常のキャンプサイトのほかに、トレーラーハウスやスモールハウス、パオなどがそれぞれ1棟ずつ用意されていました。これらの施設では、ホテルで宿泊するのとは、また違った体験ができます。

Retreat・camp・まほろばの良いところは、眺めの良さにあります。Retreat・camp・まほろばでは、キャンプサイトやトレーラーハウスなど、どの施設を使っても絶景の富士山が眺められます。このキャンプ場の景色を見れば、日頃の疲れは吹き飛びます。

評判の良い静かでキレイなキャンプ場『富士満願ビレッジファミリーキャンプ場』

河口湖の周辺にあるおすすめキャンプ場、3ヶ所目は「富士満願ビレッジファミリーキャンプ場」です。富士満願ビレッジファミリーキャンプ場は静かできれいなキャンプ場で、、実際に利用した方からの評判が良いことで知られています。

そんな富士満願ビレッジファミリーキャンプ場には、テントサイト・パイテントの2種類があります。富士満願ビレッジファミリーキャンプ場はオートキャンプですので、車も入れます。清潔感のあるシャワー室やトイレもGOODです。

なお、富士満願ビレッジファミリーキャンプ場の料金設定ですが、通常時のテントサイト利用は「3500円」で、パオテントは「8000円」とのことでした。オートキャンプ場ということを考えると、安いように感じられます。

初心者から女性や子供連れまで楽しめる『PICA富士西湖』

河口湖の周辺にあるおすすめキャンプ場、4ヶ所目は「PICA富士西湖」です。PICA富士西湖は、キャンプ初心者の方におすすめのキャンプ場です。

そんなPICA富士西湖には、テントサイト、コテージ、トレーラー、キャビンなどが揃っています。なので、テントを必ずしも持ってくる必要はありません。

PICA富士西湖の魅力は、キャンプができるだけではありません。PICA富士西湖ではキャンプの他に、釣り、カヌー、ドッグラン、MTBパークなどがあります。キャンプ以外にもアクティビティが充実していますので、初めての方でも飽きません。

河口湖周辺のコテージ付きキャンプ場4選

続きましては、河口湖の周辺にあるコテージつきのキャンプ場を紹介していきます。コテージを利用すれば、テントを持参する必要がありません。

それに加えて、コテージを利用すれば別荘気分が味わえます。キャンプ場にはよく行くけど、コテージを利用したことがない方は、こちらで紹介するキャンプ場のコテージを利用してみてはいかがでしょうか。

本項目では、合計で4ヶ所のコテージつきのキャンプ場を紹介します。「夢見る河口湖コテージ戸沢センター、河口湖レイクサイドコテージ、河口湖カントリーコテージBan、富士山リゾートログハウス・ふようの宿」です。

アクティビティも充実『夢見る河口湖コテージ戸沢センター』

河口湖の周辺にあるコテージ付きのキャンプ場、1ヶ所目は「夢見る河口湖コテージ戸沢センター」です。夢見る河口湖コテージ戸沢センターは、富士山の絶景が見られるオートキャンプ場・貸し別荘です。

夢見る河口湖コテージ戸沢センターの貸し別荘は、富士山の眺めが良いことで評判です。また、河口湖畔のオートキャンプ場からの逆さ富士も絶景です。

また、屋外にバーベキューコーナーがあるのも魅力的です。バーベキューコーナーには屋根が付いていますので、天候に左右されることもありません。

河口湖で別荘気分が味わえる『河口湖レイクサイドコテージ』

河口湖の周辺にあるコテージ付きのキャンプ場、2ヶ所目は「河口湖レイクサイドコテージ」です。河口湖レイクサイドコテージは、河口湖ICから7キロのキャンプ場です。

河口湖レイクサイドコテージには、人数ごとに分かれたコテージやキャビンが用意されていました。8人用や6人用、5人用のコテージなどがありますので、複数人で訪れる時に利用しやすいです。ペット可のコテージもあるので、ペットと一緒に行くのもOKです。

河口湖レイクサイドコテージのコテージが安いかどうかですが、人数が少ないコテージにつれて安い料金設定となっていました。コテージを利用するときの料金は、コテージの備品も料金に含まれていますので、利用料金以外はあまり気にしなくて大丈夫です。

コテージの種類が豊富『河口湖カントリーコテージBan』

河口湖の周辺にあるコテージ付きのキャンプ場、3ヶ所目は「河口湖カントリーコテージBan」です。河口湖カントリーコテージBanは、別荘さながらのコテージが揃っており、ステキなひと時を過ごすことができます。

河口湖カントリーコテージBanは、コテージの種類が豊富なことが特徴です。6人用のコテージや8人用のコテージなどがあり、各コテージの外観がちがってどれもおしゃれです。

河口湖カントリーコテージBanの料金ですが、4人用のコテージは平日2万円、6人用ですと2万4千円でした。やはり人数が少ない方が料金は安いようです。

豪華設備が充実『富士山リゾートログハウス ふようの宿』

河口湖の周辺にあるコテージ付きのキャンプ場、4ヶ所目は「富士山リゾートログハウス・ふようの宿」です。富士山リゾートログハウス・ふようの宿は、2018年にオープンしたばかりの新しいプライベートログハウスです。

富士山をのぞめる富士山リゾートログハウス・ふようの宿では、ログハウスに宿泊できるだけでなく、露天風呂にも浸かれます。

富士山リゾートログハウス・ふようの宿の料金ですが、5人用のログハウスだと4人から2万6千円、7人用だと4人から3万円でした。2万6千円は少し高く感じるかもしれませんが、露天風呂もついていると考えると、安いように感じます。

河口湖周辺の安いおすすめオートキャンプ場4選

河口湖の周辺にある料金が安いオートキャンプ場も見ておきましょう。料金が安いことが特徴ですので、設備が整っていて、かつお得にキャンプをしたい方におすすめです。

こちらでは、合計で4ヶ所のオートキャンプ場を紹介しています。「CAMP・AKAIKE、創造の森オートキャンプ場、ハーブの里オートキャンプ場、河口湖オートキャンプ場」の4ヶ所です。1ヶ所ずつわかりやすく解説していきます。

富士の樹海で自然を満喫『CAMP AKAIKE』

河口湖周辺の料金が安いオートキャンプ場、1ヶ所目は「CAMP・AKAIKE」です。CAMP・AKAIKEでは、キャンプサイトとバンガローがあるキャンプ場です。

キャンプをするための設備は基本的に揃っているCAMP・AKAIKEには、シャワー室もありました。宿泊者は無料ですので、女性にもおすすめなキャンプ場です。

なお、CAMP・AKAIKEの料金設定ですが、オートキャンプ場は小サイズだと1500円で、大サイズだと2200円で利用できました。この料金は非常に安いです。

河口湖町営で設備も充実『創造の森オートキャンプ場』

河口湖周辺の料金が安いオートキャンプ場、2ヶ所目は「創造の森オートキャンプ場」です。創造の森オートキャンプ場は、標高1100メートルの場所にあるキャンプ場です。

そんな創造の森オートキャンプ場のキャンプサイトは、合計で45サイトとなっていました。キャンプ場には、売店や水洗トイレ、温水シャワーなどがあります。

創造の森オートキャンプ場の料金設定ですが、オートキャンプサイトは1区画4人まで5000円とわかりました。なお、キャビンですと1棟あたり1万円でした。

子供連れにもおすすめ『ハーブの里オートキャンプ場』

河口湖周辺の料金が安いオートキャンプ場、3ヶ所目は「ハーブの里オートキャンプ場」です。ハーブの里オートキャンプ場には、オートキャンプ場とコテージの2種類あります。

ハーブの里オートキャンプ場は30区画となっています。割と余裕のある区画数ですので、リラックスした時間を過ごせます。

ハーブの里オートキャンプ場では、テントやシュラフのレンタルを行なっていますので、キャンプ道具すべてを引っさげて訪れる必要はありませんでした。

なお、ハーブの里オートキャンプ場の料金設定ですが、4人以内でキャンプ泊する場合は6000円、6人以内の場合は7000円とのことでした。

夏のキャンプも快適『河口湖オートキャンプ場』

河口湖周辺の料金が安いオートキャンプ場、4ヶ所目は「河口湖オートキャンプ場」です。河口湖オートキャンプ場は、非常に有名な河口湖のキャンプ場です。

河口湖オートキャンプ場には、キャンプサイト、バンガロー、コテージの3種類がありました。当然ですが、この中でもっとも安いのはキャンプサイトの利用です。

河口湖オートキャンプ場が営業しているのは、3月中旬から11月末日まで。真冬の時期には訪れないようにしましょう。

なお、河口湖オートキャンプ場の料金ですが、入場料は1人756円、テントサイトの利用料は1区画3240円でした。

河口湖周辺の観光名所まとめ!富士山が見える絶景スポットやおすすめコースも! | TRAVEL STAR
河口湖の人気ランチ特集!食事するならおしゃれなカフェや絶景スポットで! | TRAVEL STAR

河口湖のキャンプ場で富士の自然を満喫しよう!

河口湖のおすすめキャンプ場、おわかりいただけたでしょうか。河口湖の周辺には、コテージつきのキャンプ場、料金が安いキャンプ場、オートキャンプ場などが充実しています。キャンプ場から富士の絶景を眺めたい方は、河口湖周辺のキャンプ場を利用すると良いでしょう。河口湖周辺のキャンプ場に行くときは、ぜひ本記事を参考にしてください。

関連記事

Original
この記事のライター
ぐりむくん