津原キャンプ場完全ガイド!予約方法や料金・口コミ・混雑状況は?

山梨県で素敵なアウトドア体験できる人気の「津原キャンプ場」のおすすめ情報について、詳しくご紹介していきます。山梨の津原キャンプ場のおすすめポイントや予約情報についてはもちろん、津原キャンプ場の混雑や口コミについてもまとめています。

津原キャンプ場完全ガイド!予約方法や料金・口コミ・混雑状況は?のイメージ

目次

  1. 1津原キャンプ場を大特集!
  2. 2【山梨】人気の津原キャンプ場とは?
  3. 3津原キャンプ場が人気の理由
  4. 4津原キャンプ場の宿泊方法
  5. 5津原キャンプ場の設備
  6. 6津原キャンプ場の混雑状況
  7. 7津原キャンプ場の料金
  8. 8津原キャンプ場の予約
  9. 9津原キャンプ場の口コミ
  10. 10津原キャンプ場へのアクセス
  11. 11話題の津原キャンプ場を利用してみよう!

津原キャンプ場を大特集!

アウトドアレジャーの王道として、日本全国で大人気となっているレジャーといえば、何と言ってもキャンプではないでしょうか。全国各地には多彩なタイプのキャンプスポットがあって、海沿いや森、川などの様々なロケーションのキャンプ場が営業をしています。中でも山梨で湖畔キャンプができると人気の「津原キャンプ場」を特集します。

山梨のキャンプ場25選!おすすめの穴場や無料で楽しめる施設も! | TRAVEL STAR

【山梨】人気の津原キャンプ場とは?

山梨エリアのキャンパーの口コミでも話題となっている津原キャンプ場ですが、そんな津原キャンプ場とは一体どういった特徴を持っているキャンプスポットなのでしょうか。まだ、津原キャンプ場にいったことがないという人や、津原キャンプ場の詳しい情報を知りたいという人は、詳細情報や特徴をチェックしてみてください。

津原キャンプ場は、山梨県の中でも富士河口湖町に位置しているキャンプスポットです。コストパフォーマンスよく、誰でも楽しいキャンプが楽しめるということで口コミでも人気となっていて、夏のシーズンを中心にたくさんの人が訪れています。

山梨の津原キャンプ場は、ハイシーズンを避ければ混雑もしづらいキャンプスポットですし、バンガローをはじめとしてキャンプ施設も非常に充実しているスポットです。山梨のキャンプ場に迷った際には、是非とも津原キャンプ場にいってみてください。

西湖の湖畔に位置するキャンプ場

山梨の津原キャンプ場の特徴として、まずご紹介しておきたいポイントが、津原キャンプ場は西湖の湖畔に位置するキャンプ場であるということです。湖畔ならでは素晴らしいロケーションの元で、快適なアウトドア体験を楽しむことができるのが特徴です。

皆さんは、そもそも西湖という湖を知っていますでしょうか。西湖は富士山の麓付近に位置している湖で、富士五湖の一つとして数えられています。西湖の湖水は淡い藍色となっていて、日中の太陽の光に照らされている時も、とても美しいスポットです。

西湖は周辺に車通りの多い道路なども少ないので、とても静かで落ち着いた環境で過ごすことができるスポットです。また、西湖は絶滅種にも分類されている「クニマス」が発見されたことでも話題となっていた湖です。

ファミリー・カップルのキャンプにもおすすめ

西湖のすぐ近くに位置している津原キャンプ場は、ファミリーでのキャンプにも、カップルのキャンプデートにもおすすめしたいレジャースポットです。山梨でカジュアルにキャンプ・アウトドア体験をしたいなんて思った時には、津原キャンプ場に行ってみてください。

津原キャンプ場は子連れでも安心してキャンプができる環境が整っているので、子連れでファミリーキャンプにいきたいという人にもおすすめです。繁忙期の日程でなければ、混雑もしていないので、ファミリーでのんびりとキャンプをすることができます。

山梨の津原キャンプ場は、カップルのキャンパーさんにも人気を集めています。あまり混雑していないキャンプサイトを選べば、プライベート感のあるキャンプデートができます。また、釣りやカヤックなどのレジャーも楽しむことができます。

周辺の観光・レジャースポットも充実

山梨の津原キャンプ場は、周辺エリアにもたくさんの楽しい観光・レジャースポットがあります。せっかく津原キャンプ場までキャンプ・バーベキューに行った際には、周辺の観光スポットも立ち寄って、富士五湖周辺を満喫してみてください。

津原キャンプ場の周辺エリアには「三湖台」や「毛無山」などの、登山・トレッキング向きのレジャースポットも充実しています。本格的な登山道もあれば、カジュアルなお散歩コースもあるので、時間や体力にあわせて山の自然を楽しんでみてください。

有名な観光スポットの一つとしては、日本屈指の人気の溶岩洞窟として知られている「鳴沢氷穴」などもあります。夏の暑いシーズンでも涼しく過ごすことができるのが魅力です。他にもドライブやツーリングで立ち寄りたい名所がたくさんあります。

公式SNSも要チェック

山梨の津原キャンプ場に遊びに行くという場合には、公式のSNSの情報もチェックしておくことをおすすめします。津原キャンプ場はSNSの口コミでも話題となっていて、たくさんの情報がアップされていますが、特に公式SNSアカウントの情報はキャンプに役立つ情報が満載です。

津原キャンプ場では公式のSNSアカウントとして、TwitterとInstagramのアカウントを運営しています。津原キャンプ場のTwitterでは、最新のキャンプ場の情報を発信していて、当日の営業時間や混雑に関する情報もチェックすることができて便利です。

夏のシーズンの場合は、台風の影響などで通常の営業と異なる場合などもあるので、Twitterで最新情報を拾っておくと安心です。また、津原キャンプ場のInstagramでは、おしゃれで素敵なキャンプ写真がたくさんアップされています。

山梨のキャンプ場25選!おすすめの穴場や無料で楽しめる施設も! | TRAVEL STAR

津原キャンプ場が人気の理由

山梨の津原キャンプ場のおすすめ情報として、次にご紹介していきたいのが、人気の理由についてです。津原キャンプ場は山梨県内のみならず、各地からたくさんのキャンパーさんが訪れていて、日によっては混雑する人気のキャンプ場です。津原キャンプ場が何故そこまで高い人気を誇っているのか、魅力をチェックしてみてください。

自然豊かな環境

山梨の津原キャンプ場の人気の理由として、まずご紹介しておきたいポイントが、津原キャンプ場は自然豊かな環境に位置しているキャンプスポットであるということです。西湖周辺の四季折々の素晴らしい自然を満喫することができるキャンプ場です。

津原キャンプ場の周辺は、野生の鹿なども生息していて、手付かずの自然がいっぱいに広がっていて、湖と森・林のすぐ近くの環境下で過ごすことができます。お子さんを自然豊かな環境で、思い切り遊ばせてあげたいなんてご家族にもおすすめのスポットです。

充実のキャンプサイト

津原キャンプ場の魅力として、次にご紹介しておきたいのが、津原キャンプ場はキャンプサイトが非常に充実しているということです。スタンダードなテントのキャンプサイトの他にも、バンガローやコテージなどのキャンプサイトも人気を集めています。

山梨の津原キャンプ場では、湖畔のすぐ近くのキャンプサイトもあれば、山側の落ち着いた雰囲気のキャンプサイトもあります。また、バンガロー・コテージはテントを張ったりする本格的なキャンプに慣れていないという人や、気軽にアウトドアを楽しみたいという初心者キャンパーさんにもおすすめです。

綺麗な星空

津原キャンプ場の魅力として、次にご紹介しておきたいのが、津原キャンプ場は綺麗な星空を眺めることができるスポットだということです。富士五湖周辺の美しい星空を眺めて、のんびりと夜を過ごしたいという人も、津原キャンプ場にキャンプに行ってみてください。

昼間は湖でマリンレジャーなどを楽しんだりして、楽しいバーベキューをして遊んだら、夜は綺麗な星空を眺めてリラックスタイムを過ごすなんてキャンププランもおすすめです。

デイキャンプの利用もできる

津原キャンプ場は宿泊をしてゆっくりとキャンプを過ごすのもおすすめですが、実はデイキャンプでの利用もできるキャンプ場となっています。日帰りでサクッとキャンプにお出かけしたいなんていう人も、やまん氏の津原キャンプ場に行ってみてください。

普段はお仕事などが忙しくて、なかなか連休でキャンプに行くのが難しいなんて人も多いのではないでしょうか。津原キャンプ場であれば、山梨県内のみならず、中部エリアや関東などからも比較的アクセスがしやすいので、日帰りでもキャンプにいきやすいです。

津原キャンプ場の宿泊方法

山梨の津原キャンプ場の宿泊方法について、詳しくご紹介していきます。津原キャンプ場ではテントやバンガローなどの設備が用意されているので、いくつかのキャンプスタイルで宿泊をすることができます。どんなキャンプを過ごすことができるのか、詳しくチェックしてみてください。

オートキャンプ

津原キャンプ場の宿泊方法として、まずご紹介したいのが、スタンダードなオートキャンプについてです。津原キャンプ場のオートキャンプは、料金も非常にリーズナブルなので、気軽にサクッとキャンプにいきたい時におすすめです。

津原キャンプ場のオートキャンプでは、多彩な種類のキャンプサイトの中から、好きなロケーションを選ぶことができます。湖のすぐ横で景色も綺麗な「湖畔側テントサイト」や、「集会場横スペース」、「山側テントサイト」などがあります。

コテージ

津原キャンプ場ではシンプルなオートキャンプも大人気ですが、実はコテージを使った宿泊も人気を集めています。キャンプグッズを全部用意せずに、カジュアルにキャンプ体験をしたい人は、コテージの宿泊がおすすめです。

津原キャンプ場では、大きく分けて2つのタイプのコテージが用意されています。「コテージA」は1階フロアが15畳のリビングと和室になっていて2階は16畳のお部屋です。「コテージB」は1階フロアのみで、8畳プラス和室となっています。

津原キャンプ場の設備

津原キャンプ場のおすすめ情報として、次にキャンプ場の設備に関する情報を解説していきます。津原キャンプ場ではキャンプを快適に過ごすために便利な設備・サービスが整えられています。具体的にどういった設備を利用することができるか気になる方は、参考にしてみてください。

炊事場

山梨の津原キャンプ場に行ったら利用したい、おすすめの設備として、まずご紹介しておきたいのが、キャンプ・バーベキューでご飯を作ったりするのに便利な「炊事場」です。

津原キャンプ場の炊事場は広々としていて、広めのテーブルスペースが確保されているので、混雑しがちな夏のシーズンであっても、快適に使うことができるのが特徴的です。

集会場

津原キャンプ場の便利な設備・サービスとして、次にご紹介しておきたいのが、津原キャンプ場の中でも屋根付きのとても広い施設として便利な「集会場」のスペースです。

キャンプ・バーベキューをする上で非常に重要なのが天候です。一般的なキャンプ場だと、雨が降ってしまうと外でバーベキューをするのが難しくなってしまいがちですが、津原キャンプ場は屋根付きの広い集会場で、快適に過ごすことができます。

広場

キャンプに行った際には、開放的な空間で思い切りアウトドアを楽しみたいという人が多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたいスポットが、津原キャンプ場の「広場」です。

津原キャンプ場の広場は汎用的に使うことができる外のスペースとなっていて、テントを持っていってオートキャンプをしたり、ちょっとした外遊びをしたりと、便利に使うことができます。

津原キャンプ場の混雑状況

津原キャンプ場の混雑状況について、詳しくご紹介していきます。人気のキャンプ場の場合は、混雑してなかなか予約ができないなんてこともあるので、事前に混雑具合や予約状況をチェックしておくのがおすすめです。

津原キャンプ場の混雑状況ですが、他のキャンプ場と同様にシーズンや日程によって混雑具合は違っていて、夏休みのシーズンや、ゴールデンウィークなどの連休は混雑することが多いようです。特に人気の湖畔横のサイトは混雑することが多いようですが、逆に山側のサイトは穴場なので混雑は少ないようです。

津原キャンプ場の料金

津原キャンプ場の気になる情報として、次に料金に関するおすすめ情報を解説していきます。津原キャンプ場でオートキャンプをする場合は大人だと1,500円の料金となっています。

日帰りでデイキャンプをする場合は、大人が1,000円の料金です。テントの数などで料金が加算されることもないので、とてもリーズナブルです。また、コテージAは54,000円、コテージBは32,500円程度の料金です。

津原キャンプ場の予約

津原キャンプ場の予約に関する情報について解説していきます。津原キャンプ場の具体的な予約方法がわからないという人は、予約の詳細をチェックしてみてください。

予約で注意しておきたいのが、津原キャンプ場ではオートキャンプでは予約を受け付けていないということです。オートキャンプではフリーサイトを先着順で利用することができます。コテージ・バンガローの利用の予約は、公式ホームページの予約フォームから予約が可能です。

津原キャンプ場の口コミ

津原キャンプ場のおすすめ情報として、次に口コミを解説していきます。津原キャンプ場は人気のキャンプ場なので、インターネット上にもたくさんの口コミが投稿されています。

具体的なキャンプの口コミとしては、思った以上に落ち着いた雰囲気で過ごせて良かったという口コミや、平日はサイトも空いていて快適だったなんて口コミ、料金がリーズナブルで何度も利用している、なんて口コミもあります。

津原キャンプ場へのアクセス

津原キャンプ場へのアクセス情報を解説していきます。津原キャンプ場は公共交通機関を使ってもアクセスできますが、基本的には車を使ってのアクセスが便利でおすすめです。

公共交通機関を使ってアクセスする場合は、電車で「河口湖駅」まで行った後、バスに乗って「西湖津原浜」のバス停を下車してアクセスしてみてください。車の場合は河口湖ICで高速道路を降りて、国道139号線を経由してアクセスがおすすめです。

話題の津原キャンプ場を利用してみよう!

山梨で人気の津原キャンプ場のおすすめ情報は、いかがでしたでしょうか。津原キャンプ場では広々としているオートキャンプサイトもあれば、コテージやバンガローなどの施設も充実しています。また、デイキャンプでも気軽に利用することができるので、津原キャンプ場に行ってみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
kazuki.svsvsv@gmail.com